HOME>自治体情報>下町区の取組み

区民向けたおもてなし

葛飾区といえば、フーテンの寅さんに代表されるように、下町の人情あふれる古き良き街です。また、こち亀の両さんやキャプテン翼といった長年続いたマンガのキャラクターにもゆかりのある街です。最近では、大学キャンパスが開校したり、駅周辺の都市基盤整備の進行だったりもあって、若い転入者も増えていますが、やはり転出者も多い街です。そんな中でも、下町の人情や自治会を中心に地域コミュニケーションが活発な街です。区役所でも、区職員であることに誇りを持って仕事ができるように、区民、現場を第一にしたおもてなしサービスを行い、迅速に仕事をし、おせっかい型の職員であることを目指す研修が実施されています。おもしろいのがすぐやる課という課があることです。区長へのはがきや区民と区長との意見交換会、区民相談室などの広聴会も行っており、区民からの相談や意見を受けて、各課と連携してスピーディに対応できるようにしています。また、区のホームページには、葛飾区総合アプリを開設していて、いろいろな情報を入手することができるようになっています。子育て支援として、子供の予防接種の予定管理や、離乳食の作り方やオムツ交換の仕方などの動画7点を掲載した電子母子手帳も導入しています。ふるさと納税でも、地元の町工場で作られた返礼品を準備していて、区の財政への寄与とともに、区のPRにも力を入れています。

新着記事リスト